ホーム > わくわく文庫
わくわく文庫
 『わくわく文庫』は、単に本を読むのではなく、パソコンからのプロのナレーターによる音声を聴きながら本を読むシステムです。
 また『わくわく文庫』では、個人の能力に応じた速読聴形式を選べることができ、“読む力”の向上、“能力開発”や“知能開発”に効果的なシステムです。
速読聴トレーニングと能力開発
 私たちが本を読むとき、活字を追うスピードは、人の話や朗読を聞くスピードよりも速くなっています。そのスピードには個人差がありますが、慣れれば数倍の速度で読んだり聞いたりできます。当然、速く読んだり速く聞いたりすれば、脳は情報を速く処理しようと大いに活性化されます。殊に高速処理を得意とする右脳が活発に働き、集中力や記憶力を高め、学習にも大きな効果が期待できます。
 わくわく文庫の朗読を聞くときには、一番心地よいと思う速度で聞くことが大切で、そのスピードがだんだん速くなっていくと、脳の処理速度も増し、これが能力開発につながるのです。
速読聴トレーニングと読書
 わくわく文庫の朗読を速い速度で聞きながら読書することは、多くの利点を生み出します。
 ・最初は読み聞かせの効果で、知らず知らずのうちに読み切ることができ、一冊読んだという達成感がある。
 ・読書時間が少なくて済み、多くの本を読むことができる。
 ・速く読めるようになり、読書量が増え、他の本も自力で読むようになる。
 ・本を読むことで、漢字を覚えたり、多くの言葉を知り、文の意味を汲み取れるようになる。
 ・教科の学習においても、国語のみならず他の教科でも読解力がつき、文の意味が速く理解できるようになる。
わくわく文庫 読書の流れ
わくわく文庫 画面イメージ わくわく文庫のオープニング画面です。
中央の【読書を始める】をクリックすると、「わくわく文庫」での読書が始まります。
↓
わくわく文庫 画面イメージ 小学生から中学生に読ませたい本を、学年ごとに4つのグレードに分類しています。
第一期は、伝記・物語・国内外の名作・古典・ノンフィクション・フィクション 等時代を超えた魅力あふれる全200タイトル(各グレード 50タイトル)をご用意します。
(リリースするタイトルは、全て著作権許諾をクリアしています。)
↓
わくわく文庫 画面イメージ わくわく文庫では、子どもたちの読書に対するモチベーションを維持させるため様々な“仕掛け”を用意しています。
その仕掛けの1つとして、一人ひとりがどのタイトルを何ページまで読んだかを履歴に残し、書籍選択画面では、その履歴を本の背表紙で表示します。
最後まで読みたい、次の本を読みたいという思いで、子どもたちが自分だけの文庫を作り上げていきます。
↓
わくわく文庫 画面イメージ 子どもたちが読書をする時には、パソコンの前で読みたい本を開き、ヘッドホンから流れる朗読の音声を一番心地よく聞き取りやすいスピードに合わせて、聴きながら読書を進めます。(0.5倍速から最高10倍速まで)
わくわく文庫の朗読には、声が書籍の印象にあったプロのナレーターを起用しています。
味わい深い朗読が子どもたちの読書を楽しく心地よいものにします。
速脳速解力講座 屋島校
 
高松本校
屋島校
東進衛生予備校 高松常磐町校
東進衛生予備校 高松レインボー校
資料請求
無料体験